ホルモンとの関わりはいらっしゃる?

更年期障害はホルモンという要因あり

更年期障害は体内のホルモン釣合といった密接に関係しています。端的に言ってしまえば、体内のホルモン釣合が老化にて急性改善を迎えることによって更年期障害のさまざまな症状が発症するのです。

 

その意味で、多少なりとも更年期障害の症状の身近を軽減するためには、体内のホルモン釣合を賢くコントロールすることは重要と言えるでしょう。更年期にあたって、自分のカラダではホルモン釣合がどういう改善をしているのかを理解することから始めましょう。

 

更年期におけるホルモン釣合の改善

更年期におけるホルモン釣合は、答えから先に伝えるという、おばさんホルモンの急性縮小ということになります。代表的なおばさんホルモンとしては、エストロゲンとプロゲステロンだ。こういう2つのホルモンは卵巣から分泌されています。

 

これらおばさんホルモンは生理などをつかさどって要るホルモンだ。こういうホルモンが40代弱の更年期を境に急激に分泌されなくなってしまいます。それに付随して現れる体調が更年期障害というわけですね。

 

閉経を迎えるにあたっての体調

なぜ更年期です四十路からこういうおばさんホルモンの分泌ボリュームの急性縮小が起こるのでしょうか。それは、閉経を迎えるに関して、体がリザーブを通しているからに他なりません。閉経は、つまりは、生理がなくなることです。

 

10代下部を山場として、おばさんホルモンの分泌ボリュームはじりじり減っていきます。こういう縮小が急激に加速するのが40年齢以降のご時世というわけです。そうして、50年齢を過ぎ、生理がなくなるといったおばさんホルモンの分泌はほとんどなくなります。

 

急性ホルモン釣合の改善に体がおいつかない

こういう閉経を迎えるにあたっての急性身体の改善には、人間の心身はかなり対応できるものではありません。卵胞が収まり、おばさんの分泌ボリュームが減ってしまっているにもかかわらず、脳はそのことをなんだか認識できません。

 

なので、体がおばさんホルモンを分泌できないのに、脳は今までままにおばさんホルモンを分泌するように体に命令をするのです。こういう脳といった体との齟齬は自律癇のメンテナンスを乱す果実となります。それが更年期障害として発症するわけですね。

 

更年期障害は自律癇乱雑症

つまり、更年期障害は、自律癇乱雑症のひとつという事ができます。体が閉経を迎えるにあたっておばさんホルモンを分泌しなくなる。但し、脳は今までままおばさんホルモンホルモンを分泌しようとやる。

 

こういう体って脳の隔たりにて、体や心情にさまざまな煽りがうまれることになります。更年期障害の症状です、動悸、のぼせ、発汗、頭痛、肩こりなどは自律癇乱雑症の代表的な症状でもあります。全ての原因はホルモン釣合の崩壊にあるのです。

 

現代のおばさんを取り巻く事情が更年期障害に悪影響

現代の津々浦々人前はアダルトおばさんにとりまして、ちょい生きづらい人前であるとされています。人前伸長にともなう緊張、家庭や養育の緊張、親の介護など、これらはおばさんの気がかりとして重くのしかかります。

 

これらの緊張がおばさんの心身に蓄積されることによって、そのおばさんの更年期障害は悪化の一途をたどっています。そういう緊張を日常的に手広く抱え込んでいるおばさんほど更年期障害の症状が重いという傾向があるようです。

 

では緊張を多少なりとも軽減することから

閉経は誰にでも生ずるものであり避けられないことです。それにともなうホルモン釣合の乱れもある程度はマインドしなくてはならないことです。

 

ただし、上記のような日常的に感じ取る緊張は自分の周囲の家庭や仲間の連盟にて何とか燃やすことが出来るものであると思います。こういう緊張をどうにかして軽減し、自律癇乱雑症の症状を中和させることこそが、更年期障害を多少なりともラクに上回るための手と言えると思います。

 

更年期サプリTOPへ