肥える

更年期に肥満に悩む女性は多い

更年期障害の症状のひとつに肥満があります。簡単に言うと、ボディに脂肪が蓄積され易くなり、太りやすい状態になって仕舞うということですね。

 

オジン太りという字もあるように、多くの更年期の層の女性が肥満に悩まされている。

 

  • 今までとおんなじ食べ物を通じていたのに胴がプヨプヨになってしまった
  • 別に過食を通じていたわけではないのに体重が増えてしまった

 

このように、20代30代で素晴らしい兼ね合いを維持していた女性であっても、更年期にさしかかると、一気に身体のBMIがのぼり、肥満姿勢になってしまうことがあります。

 

言うまでもないことですが、これは怠惰な身の回りが論拠なのではなく、更年期障害という病魔のひとつの症状なのです。

 

更年期に太りやすく向かう原因は

ではなぜ更年期には太りやすく向かうのでしょうか。その原因は、他の更年期障害の症状と根本的には同じです。

 

つまり、閉経を迎えるにあたっての女性ホルモンの分泌数量の減算だ。

 

ポピュラー閃光やうつ症状、不眠症などのさまざまな更年期障害の症状の原因である女性ホルモンの分泌数量の弱化ですが、「太りやすい風習になる」というのもまたこういう病状が引き起こしているのです。

 

女性ホルモンの分泌数量が鎮まるって肥える?

では、体内の女性ホルモンの分泌数量が収まるとどうしてに太りやすく変わるのでしょうか。その論拠を簡単に説明すると次のようになります。

 

女性ホルモンの代表的なものであるエストロゲンにはボディに脂肪を積み増しがたくさせるという性能がある。

 

20代30代のエストロゲンを含む女性ホルモンが旺盛に分泌されていた陽気には、こういうエストロゲンの性能のおかげでボディに脂肪がつき辛い風習を維持できていた。

 

但し、閉経が飛び付くによってこういうエストロゲンの分泌数量が下がって仕舞う。このことに比例して、エストロゲンの肥満防止のベネフィットを受け難いく向かう。

 

その結果として、若い頃と同じ食べ物を通じていてもボディに脂肪がつき易く向かう。

 

このように、エストロゲンが更年期に減ってしまうことによって、肥満に悩む女性が増えてしまう。

 

肥満はさらなる疾病に達する可能性がある

  • 既に人目を気にする年齢じゃないし肥満も別に素晴らしい
  • 今さら異性などをする気もないし、相当は太ってても素晴らしい
  • 周囲の同年代もぽちゃっとしてるし、自分も少々ぐらい太ってても良い

 

仮に、更年期における肥満についてこんな認識をしているならば、それは要注意です。肥満というのは、ただ見た目が悪くのぼるについてだけの問題ではないのです。

 

更年期以降の肥満は、動脈作用や糖尿病気、心筋梗塞や脳卒中といったスゴイ病魔になる心配をぐっとプラスさせてしまう。

 

更年期以降の肥満への対策は

では、こういう更年期障害の症状としての肥満にはどのように対策を通じていけば良いのでしょうか。第一に考えるべきことは、取り入れカロリーを制御することだ。

 

上記のように、これまでとおんなじ数量だけ食べていらっしゃるだけなのに太ってしまうのが更年期だ。こういう対策としては、一本調子ですが、意識して召し上がる数量を減らしていくということが必要になります。

 

近年流行っている炭水化物をトータル除外みたいな極端な痩身はボディへの心痛が高いのでやめましょう。ただでさえ様態を壊し易い更年期に無茶な痩身をするとさらなる体調の激化を招くことになります。

 

心がけるべきことは、20代30代の位のごはんよりもちょこっと全体的に数量を燃やすことです。

 

胃腸六分目、七分目といったイメージでしょうか。胴ドッサリ取ることはやめて、少々物足りないかなぐらいのところでセーブすることが大事です。

 

最初はつらいかもしれませんが、そんな食べ物にボディが慣れてくると、単に意識することが無くともスマートな姿勢を収納くださるようになります。

 

更年期サプリTOPへ